谷泉誕生の歴史

能登半島の豊かな自然と素朴な風土の中から生まれた清酒「谷泉」。

酒造りひと筋に200余年

能登半島の東海岸、波も穏やかな富山湾に臨む鵜川地区。古くから漁船や汽船が行き交う港町として栄え、昔ながらの家並みが残る静かな町です。
鶴野酒造店は、寛政〜享和年間(1789−1804)頃に創業したと伝えらている造り酒屋です。蔵の敷地から湧く清水や良質の酒米を使い、真心を込めた丁寧な仕事で知られる能登杜氏が、上質の酒を醸してきました。
能登の人々は1日の仕事を終えた後、日本海で揚がる新鮮な魚介ともに味わう晩酌をはじめ、祭りや結婚式、新築祝いの行事など、事あるごとに酒を酌み交わす土地柄であり、それだけに皆の舌も肥えています。そんな能登の人情や風土に支えられて、清酒「谷泉」はやさしい能登人気質のごとく、自然で滑らかな舌ざわり、さらりとした飲み口の清酒を醸しています。

酒を酌み交わす歴史 - 祭りや行事も多い土地柄です

能登半島全域が祭りごとや行事が多いエリア。ここ鵜川地区でも、昔からの祭りが受け継がれています。その祭りの一部を紹介しましょう。

にわか祭 8月24日

七福神でもある弁財天を祭る海瀬神社の大祭。袖のある幅広のキリコ(奉灯)に武者絵を描き、夜を徹して町を練り歩きます。最後に、武者を弁天様に婿入りさせるという形で奉納し、豊漁を祈願します。

いどり祭り 11月7日

当番になった男子が直径1.2mもの大きな鏡餅を作ります。それを、当番以外の男子が「黒くて薄い、角がある」などと悪口(いどり)を言って争いになり、神主がこの仲裁に入るというユニークな祭りです。

女性にオススメのお酒
美味い日本酒が飲みたい!大吟醸!

商品カテゴリー

  • 限定酒
  • 原酒
  • 大吟醸
  • 吟醸酒
  • 長期貯蔵酒
  • 純米酒
  • 本醸造
  • その他

お問合せ電話番号0768-67-2311

電話対応時間:9:00〜19:00

※電話対応時間外はお問い合わせフォームをご利用下さい。

鶴野酒造店

〒927-0302
石川県鳳珠郡能登町字鵜川19号64番地

ご注文はこちら

メールはコチラ